義歯(入れ歯)

義歯(入れ歯)

日頃ご利用者様がお使いの義歯をじっくり観察されることは無いと思いますが、ご本人が何を訴えられなくても調子が悪いまま使って丸飲みされているのを多々お見受けします。観察ポイントを列記しますので是非チェックしてみてあげて下さい。

入れ歯 観察ポイント

  • 義歯がのっている顎堤は年々やせてきます。顎堤と義歯の間にすき間が出来て吸着力・安定性が落ちます。又食べ物が食後に一杯につまってしまいます。
  • 上の義歯は下に落ち、下の義歯は口の中でプカプカ浮いています。義歯が動くと、粘膜にすれて、痛みを誘発します。又発音しにくくもなります。

以上食べ物がつまっていたり義歯が動くようなら、対処が必要です。上の義歯ならたいてい手直し(修正)で出来ますが、下の義歯は下欄に記載されている吸着する義歯に作り替えなければならないことが多いです。

咬み合わせが悪ければ、上・下作り直す必要があるかもしれません。又日々の使用上の注意点として、就寝前にはずして歯ブラシで洗った上で水の中に保存して下さい。入れたまま寝ると菌の増殖を助けると共に粘膜に負担がかかりますので、粘膜を休ませてあげて下さい。

洗浄剤は日々洗浄しているなら一週間に一回の使用でも構いません。口の中の粘膜や舌もガーゼでふき取ってあげると尚清潔です。

要介護者の入れ歯について

要介護者になられますと、どうしてもお口のお掃除は手薄になりがちです。歯垢が残ったままですと、誤嚥性肺炎を誘発させるばかりか、う蝕、歯肉炎、歯周炎を起こします。ひどい場合は虫歯菌が全身の血流にのって敗血症(菌血症)を起こしますので、日々の観察とケア(手入れ)が重要です。

「食べられる」ことは健康の第一ですので、早め早めに治療をご利用者におすすめ下さい。


診療案内
一般歯科・小児歯科
予防歯科(歯周病)
審美歯科
インプラント
ホワイトニング
義歯(入れ歯)

歯科衛生士・歯科助手募集



各種クレジットカード取り扱い

天神橋歯科クリニックでは、お支払いに各種クレジットカードがご利用になれます。

  • VISAカード
  • DCカード
  • マスターカード
  • JCBカード